対象職種

技能実習を実施できる職種・作業
職業能力促進法に基づく技能検定の対象職種、又はJITCOが認定した技能評価システムによる職種で、2010年4月1日現在、66職種(123作業)があります。
*: JITCO認定職種

技能実習1号ロと技能実習2号ロ
 

技能実習1号ロ→日本入国後1年間
技能実習2号ロ→研修期間1年終えた後、1~2年間雇用関係のもとでより実践的な実習から技術を習得するため適正な雇用契約の締結が必要となります。

受け入れの条件

外国人技能実習生の受入人数は、下記の条件を満たしていなければなりません。

実習実施機関の常勤従業員数の20分の1以内(20人に1人)。

しかし、第一次受入機関(興亜交流協同組合)がある場合、右の受入人数が可能です。